川淵三郎氏、片山晋呉の組から「大きな怒声聞こえた」

 日本サッカー協会の相談役で、元Jリーグチェアマンの川淵三郎氏(81)が7日、自身のツイッターを更新。日本ゴルフツアー機構(JGTO、青木功会長)が、日本ツアー選手権森ビル杯のプロアマ戦で、招待客に不適切な行動をした片山晋呉(45)について、処分を検討する方針を明らかにしたことに言及した。

川淵三郎氏

川淵三郎氏

 川淵氏は騒動の現場に居合わせたようで、「前の方で”帰る”なのか”帰れ”なのか大きな怒声が聞こえた。片山晋呉選手の組み。後で聞いたらゲストをゲスてトとして扱わない片山選手の非礼な態度にゲストが怒って帰ったとの事」(原文ママ)と明かした。

 その上で、「ツアー改革を強く推進しようとしている青木会長がこれを見逃さず公にした。お見事」と、青木会長の対応を称賛した。

 JGTOは当事者から聞き取りを済ませており、招待客やスポンサーなどに対し青木会長名で謝罪のコメントを発表。事実関係の詳細は明かしておらず、外部弁護士からなる調査委員会を設置して他の2人の同伴アマチュアらからも事情を聴くなどして事実認定を進める。調査結果を公表した上で、6月中に懲戒・制裁委員会で片山の処分の可否を決める方針だとしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ