片山晋呉に制裁検討 ゲストに不適切対応 青木会長「極めて深刻」

 日本ゴルフツアー機構は6日、男子の国内メジャー大会、日本ツアー選手権森ビル杯(5月31日~6月3日)を前に行われたプロアマ大会で、片山晋呉選手(45)の対応に招待客が不快感を覚えてプレーを断念する事案があったと発表した。同機構は準則で同伴アマチュアへの不適切な対応を禁じており、6月中に懲戒・制裁委員会を開いて処分を検討する。

 大会は5月30日に開催された。関係者などによると、片山選手はラウンド中に自らの練習をするなどして、招待客を放置したという。不快感を覚えた招待客は、ラウンド途中で棄権した。

 青木功会長は「極めて深刻であると受け止めている」とコメント。外部弁護士を含む調査委員会を設置し、経緯や問題点を調査する。また選手の意識改革を進めるため、早急に再発防止策に取り組むとしている。

 【こんな記事も】

 ■これは水着なの? 論争になるほど魅惑的だった女子ゴルフ、ミシェル・ウィー27歳

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ