S・ウィリアムズ、雄たけび上げて復活 出産後初の四大大会

 昨年9月の出産後初の四大大会を戦うS・ウィリアムズが苦境を迎えた。ミスを連発して第1セットを奪われ、第2セットも最初のゲームをブレークされたが「ファイトしようと思った」。雄たけびを上げて自らを奮い立たせて復活し、観客も味方につけて試合をひっくり返した。

 本調子でなくとも、シード選手に対して勝負強さを見せた四大大会優勝23度の生きる伝説。「かつての自分を超えたい。自分の限界を決めたくないわ」と意欲満々に上位進出を目指す。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ