関学大・鳥内監督「日大側に真相究明を求める」…再回答の内容次第で、定期戦を行わず アメフト

 アメリカンフットボールの関西学院大と日本大の定期戦で、日大の選手が悪質な反則行為をした問題で、関学大の鳥内秀晃監督らが17日、兵庫県西宮市の関学大で記者会見し、関学大が提出した抗議文に対して日大側が「反則行為は監督の指示ではなかった」と文書で回答してきたと明らかにした。関学大の鳥内監督は「日大側に真相究明を求める」と語った。

 関学大によると、日大は反則行為について、文書で指導的ルールに基づいた厳しさを選手に求めていたと説明。これに対し、関学の小野ディレクターは「それならばなぜ極めて最初の悪質なプレーが行われた時点で、当該選手を厳しく注意・指導しなかったのか」とし、「今にいたるまで責任ある方が選手、保護者に対して直接の謝罪がないのは遺憾」とした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ