ソフトB・中村晃、女性来場者に乳がん啓発グッズを配布

 ソフトバンクは12日の日本ハム戦(ヤフオクドーム)を女性ファンが主役の「タカガールデー」として開催した。同時に、乳がんの早期発見、患者のサポートなどを行うピンクリボン活動を実施。中村晃外野手(28)らが女性来場者に乳がん啓発グッズを配布した。

 中村晃は1安打につき1万円をNPO法人「ハッピーマンマ」に寄付することも発表。寄付金は乳がん啓発活動、患者とその家族のサポートなどに使われる。「昨年まで鳥越コーチ(現ロッテヘッドコーチ)がやっていた活動を引き継いでいきたい。なかなか社会貢献活動をやってこれなかったので、恩返しの意味も込めて、いろんな活動をやっていきたいです」とファンの前で発表した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ