“絶対的な存在”父親が死去、白鵬の帰化加速へ 将来の理事長争い、貴乃花親方の強力なライバルに

 横綱白鵬(33)の父でモンゴル人初の五輪メダリストのジジド・ムンフバトさんが9日、肝臓の病気などのためモンゴルの首都ウランバートルの自宅で死去した。76歳だった。ムンフバトさんはモンゴルで年1回開かれる『ナーダム』で6度優勝したモンゴル相撲の横綱。レスリングでは1964年東京大会から五輪に5大会連続で出場し、68年メキシコ大会の87キロ級で銀メダルを獲得した国民的英雄だったが、父の死去は白鵬の今後に大きな影響を及ぼすことになりそうだ。

 大相撲の年寄株は、日本国籍を有する者しか取得できないため、優勝40回の白鵬といえども、帰化しなければ親方になることはできない。白鵬はすでに宮城野部屋内に幕内石浦ら3人の内弟子を抱え、将来部屋を興す希望を持っているが、ムンフバトさんが帰化に反対していることがネックといわれてきた。

 尊敬する父親の判断を仰ぐことを第一とする白鵬は、モンゴル国籍のまま親方になる道を模索していたが、北の湖前理事長時代から認められず。昨年名古屋場所で史上1位の通算1047勝に並んだ際、将来帰化を希望していることを初めて公にしている。

 一方で昨年10月、元横綱日馬富士による傷害事件の現場に白鵬も同席していたが、厳格な父親は「お前が事件の張本人じゃないのか? 帰化計画は白紙に戻せ」と激怒したとも報じられた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ