宮里優作「正直きつい」 池田勇太「あきれている」 巻き返せず予選落ち マスターズ

 巻き返しを狙った池田と宮里優だったが、ともに5つスコアを落とし決勝ラウンドには遠く及ばなかった。初出場の宮里優は連日の77で、奪ったバーディーは2日間で3つだけ。難コースにはね返され、「経験したことないことが多かった。正直きついなと思った」と悔しそうだった。

 池田は6番で寄せがグリーンからこぼれ、ほぼ同じ位置に戻されてトリプルボギー。出場4度目で3大会連続の予選落ちに終わり、「悔しさもあるし、自分にあきれている部分もある」と硬い表情だった。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ