暴行被害の貴ノ岩関、春場所出場へ 横綱白鵬関は休場、2横綱不在

 大相撲の元横綱日馬富士関による傷害事件の被害者で、西十両12枚目の貴ノ岩関(28)=本名アディヤ・バーサンドルジ、モンゴル出身、貴乃花部屋=が春場所(11日初日・エディオンアリーナ大阪)に出場することが9日、決まった。昨年9月の秋場所以来3場所ぶりの復帰となる。

 西横綱白鵬関(32)=本名ムンフバト・ダバジャルガル、モンゴル出身、宮城野部屋=は休場。師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)によると、左足親指の靱帯損傷で全治3週間と診断されたという。稀勢の里関と合わせ2横綱が初日から不在。

 貴ノ岩関の師匠、貴乃花親方(元横綱)は8日夜に話し合って決断したといい「本人の意思を尊重して、出場に踏み切った」と話した。

 今場所が北の湖を抜いて単独史上1位の横綱在位64場所目の白鵬関は、2001年春場所の初土俵以来、初の2場所連続休場となった。東横綱鶴竜関は出場する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ