無免許運転、大砂嵐の処分を相撲協会理事会で協議 解雇の可能性も

 日本相撲協会は9日、大阪市内で理事会を開催する。2月に道交法違反(無免許運転)の罪で略式起訴されたエジプト出身の幕下大砂嵐(26)=本名アブデルラフマン・シャーラン、大嶽部屋=の処分を協議。解雇を含めた厳罰になる可能性があるとみられる。

 大砂嵐は1月初旬に長野県内で有効な運転免許証を所持せずに乗用車を運転し、追突事故を起こしたとされる。相撲協会は力士による車やバイクの運転を禁じている。協会の懲戒処分は7段階に分かれ、軽い順からけん責、報酬減額、出場停止、業務停止、降格、引退勧告、解雇がある。

 十両だった1月の初場所は問題発覚を受けて途中休場。春場所(11日初日・エディオンアリーナ大阪)は幕下に転落した。

 理事会では協会の許可がないテレビ番組に出演し、元横綱日馬富士関の暴行問題について言及した貴乃花親方(元横綱)への対応についても話し合う予定。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ