ロッテ・涌井パパ、現役最多9度目開幕!10日鷹戦に“産休返上”登板

 ロッテ・井口資仁監督(43)は8日、楽天との開幕戦(30日、ZOZOマリン)の先発に涌井秀章投手(31)を正式に指名したことを明らかにした。4年連続、現役最多の9度目となる。

 大役を告げたのは、初実戦となった3日のオープン戦(対日本ハム、札幌ドーム)の終了後。示唆はしてはいたが、2回をパーフェクトに抑える内容に、「本人もそのつもりで調整してきたと思う」と決断した。

 涌井は前日7日、タレントの押切もえとの間に第1子が誕生したことを発表したばかり。当初は出産前後に特別休暇を取る予定だったが、登板のなかった同日の練習後に早退したのみで、10日のオープン戦(対ソフトバンク、タマホーム筑後)は“産休返上”で臨む。

 チームはこの日、1、2軍を振り分ける紅白戦が雨のため中止。当初から登板予定がない涌井はブルペンで投球練習を行い、コーチ陣らに「(出産のことは)気にしないでください。野球の方が大事なので」と伝えた。

 「子供も生まれたので、しっかりやってもらいたい。1年間、ローテーションを守ってもらわないと」と井口監督。チーム再建は、この男から始まる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ