稀勢の里、休場は1年間に 「努力の継続」が再起の鍵

 稀勢の里関の休場は、とうとう1年間に至ってしまった。新横綱として臨んだ昨年春場所の奇跡の逆転優勝はファンの記憶に刻まれたとはいえ、終盤で負った左大胸筋のけがをいまだに引きずっている。

 どんなに状態が悪くても、ぎりぎりまで出場に固執するのが稀勢の里関だ。だが不振で途中休場を余儀なくされた先場所6日目から間もない頃に「バランスが崩れたまま、ここまで来てしまった感じがする。時間をかけて、ゼロからやり直していかなければ。自分はまだ31歳。土俵人生はここからだ」と吐露。この時点で視線は春を通り越していたといえる。

 稀勢の里関は次に出場する場所に進退を懸けるとし、大勝負は5月の夏場所が有力視される。現役時代に大胸筋を断裂した経験のある元幕内力士の親方は「筋肉が固まった状態になり、力が入りにくくなる。力士によっては致命傷になる厄介なけがだ」と日本出身横綱の復活に懸念を抱く。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ