休場の稀勢の里、姿見せず 白鵬、鶴竜は9日朝判断

 大相撲の東横綱稀勢の里関(31)が、春場所(11日初日・エディオンアリーナ大阪)を休場することが8日、決まった。師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)は古傷の左胸のけがを理由に挙げた。次に出場する場所に進退を懸けることを明言している稀勢の里関は大阪市港区の田子ノ浦部屋での稽古に姿を現さなかった。

 両足親指に負傷を抱える西横綱白鵬関(32)=と、右手の指に不安がある東横綱鶴竜関(32)の出場の可否は9日朝に判断する。3横綱時代の3人全員が初日から休場すれば、昭和以降初の事態となる。

 白鵬関の師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)は「痛みが取れない」と横綱の状況を語った。大阪市東成区の時津風部屋に出稽古した鶴竜関は「8割ぐらいにはなっている。もうちょっとぐっと握れる感じがほしい」ともどかしさを口にした。

 元横綱日馬富士関による傷害事件の被害者、西十両12枚目の貴ノ岩関(28)の出場可否について、師匠の貴乃花親方(元横綱)は明言しなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ