楽天・アマダー、松坂から先制2ラン「打ててうれしいよ。すごいピッチャーだし」

 (オープン戦、中日7-11楽天、4日、ナゴヤD)中日・松坂大輔投手(37)が4日、楽天とのオープン戦(ナゴヤドーム)に先発し、2回2安打2失点。アマダーに2ランを浴び、ほろ苦い本拠地デビュー戦となった。ただ、直球は入団後最速の144キロを計測するなど、復活に向けてまた一歩前進。

 二回二死三塁で松坂から先制2ランを放った楽天・アマダーは「『あのマツザカ』から打ててうれしいよ。すごいピッチャーだし」と、ご満悦だった。2013年から14年にかけて米大リーグ、アストロズとマイナー契約を結んでいた大砲にとって、メジャーで活躍した松坂はよく知る存在。「(感触は)よかった」という表情に満足感が漂っていた。梨田監督も、松坂について「ソフトバンクのときに1軍で投げたのも(16年10月の)楽天戦だけど、ぐんとよくなっている。楽しみだね。表情も全く違う」と期待した。

 ◆松坂に中飛に打ち取られた楽天・銀次 「打ったのはスライダーだと思うけど、思ったよりクッときたので詰まったんだと思う」

 ◆ソフトバンク時代に松坂を指導した楽天・佐藤投手コーチ 「投げられてよかったんじゃないか。真っすぐのときは左足の突っ張りがなくなっていた」

 ◆ソフトバンク時代に2軍で投球を受けたこともある松坂に三振に斬られた楽天・山下 「今年は真っすぐのかかりもいいし、腕が振れている。3球三振は恥ずかしい。1軍でバンバン投げていきそうと感じた」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ