鳴り物入りで中国に移籍のカルロス・テベス 活躍せず1年で帰国 「ホームシック少年」

 【スポーツ異聞】

 サッカーの元アルゼンチン代表FWカルロス・テベス(34)が鳴り物入りで2017年シーズンに移籍した中国スーパーリーグを1年で離脱。母国1部リーグの名門ボカ・ジュニアーズに18年1月に復帰したが、中国ファンはけがや体調不良で期待を裏切る体たらくぶりに幻滅している。テベスが中国時代の7カ月を「休暇」と冗談めかしたことで怒りに拍車をかけていた。急成長した企業の収益で世界のスター選手を買い漁ってきた中国リーグだが、外国人選手の獲得に莫大な税金が課されるようになり、爆買いが鳴りを潜める遠因になったようだ。

 テベスは2016年12月、移籍金200万ユーロ(約2億6600万円)、年俸4000万ユーロ(約53億3300万円)でボカ・ジュニアーズから中国スーパーリーグの上海申花へ移籍した。週給73万ユーロ(約9730万円)は当時、世界最高と報じられ、注目を集めた。17年1月に中国・上海に到着した際は空港に数百人のファンが詰めかけ、期待の高さを示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ