高木美、あるぞ最多4メダル!24日「マススタート」出場も スピード

 スピードスケートの女子団体追い抜き(パシュート)で金メダルを獲得した高木美帆(23)=日体大助手=ら日本代表4選手が22日、平昌五輪スタジアム近くの広場で行われた式典でメダルを授与された。金、銀、銅と3個のメダルを取った中長距離エースは、補欠として名を連ねる24日の新種目マススタートに出場する可能性を残す。1998年長野五輪スキー・ジャンプの船木和喜(金2、銀1)を超える冬季五輪最多の1大会4個のメダル獲得に期待が高まる。

 極寒のあまり赤ら顔になった高木美がメダル授与台の頂点に立った。屋外会場で気温は氷点下10度に迫る。吹きすさぶ寒風になびく日の丸をながめて、金メダルを胸に君が代を聞いた。

 「たくさんの時間を過ごし、たくさん話し合い、たくさん練習してきた。うれしい気持ちでいっぱい。チームJAPANを誇りに思います」

 姉の菜那(25)=日本電産サンキョー、佐藤綾乃(21)=高崎健康福祉大、菊池彩花(30)=富士急=と、世界に称賛された一糸乱れぬ隊列を築いた日の丸戦士が、レース後にも負けない笑顔を見せた。

 高木美にとって団体追い抜きでの金が、1500メートルの銀、1000メートルの銅に次ぐ1大会3個目のメダル。日本女子選手として史上初の快挙だが、世界指折りのオールラウンダーにはさらなる偉業を成し遂げる可能性がある。24日のマススタートでの4度目の表彰台だ。メダル3個で並ぶ1998年長野五輪でのスキージャンプ・船木和喜超えが懸かる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ