コーチ経験なしに不安の声も ヤンキース新監督のブーンって誰

【スポーツ異聞】

 米大リーグの名門で、最多の27度もワールドシリーズ優勝を誇る強豪でもあるニューヨーク・ヤンキースの新監督にアーロン・ブーン氏(44)が就任、スター軍団を率いて米フロリダ州タンパで春季キャンプをスタートさせた。

 あれっ? ブーンって誰だっけ。「名前は聞いたことがあるな」と思ったファンも多いのではないか。それもそのはず、大リーグの球史に残る名勝負とされる2003年、アメリカンリーグ優勝決定シリーズ(ALCS)ヤンキース-レッドソックス第7戦で、延長十一回、サヨナラ本塁打を放ったヤンキースの三塁手だ。

 松井秀喜外野手(当時、現ヤンキース・ゼネラルマネジャーアドバイザー)の大リーグ1年目の年。松井は、この試合でもスタメンに入っていた。日本でも生中継されたので覚えているファンも多いはずだ。

 試合は、レッドソックスのエース、ペドロ・マルティネス投手の快投に強打のヤンキース打線が手を焼き、劣勢に。ところが、2-5で迎えた八回、ヤンキース打線が火を噴く。1死からデレク・ジーター内野手が右越えの二塁打を放ち、反撃の口火を切る。バーニー・ウィリアムス外野手の適時打で、まずは1点。松井が右翼線への二塁打で二、三塁に。続くホルヘ・ポサダ捕手がポテンヒット(記録は二塁打)で二塁走者の松井が好走塁と好判断をみせ、5-5の同点に追いついた。松井がホームベースを踏む際、巨人時代にはなかった小躍りしながらのジャンプは話題を呼んだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ