小平、本命「500」へ不安なし 不利なアウトでの「銀」、内容は及第点 平昌五輪

女子1000メートルで銀メダルを獲得し、結城匡啓コーチ(右)とタッチを交わす小平奈緒=14日、江陵(共同)

女子1000メートルで銀メダルを獲得し、結城匡啓コーチ(右)とタッチを交わす小平奈緒=14日、江陵(共同)

 スピードスケート女子の小平奈緒(31)=相沢病院=は14日の1000メートルで惜しくも頂点に届かなかったが、不利なアウトスタートで1分13秒82をマークしての2位は及第点と言える。結城匡啓コーチが「内容は良かった」と語るように中盤のスピードは抜群で、18日に行われる本命種目の500メートルへ不安はない。

女子1000メートルを翌日に控え、リンクで練習する小平=13日、江陵オーバル(松永渉平撮影)

女子1000メートルを翌日に控え、リンクで練習する小平=13日、江陵オーバル(松永渉平撮影)

 小平の600メートル通過タイムが表示されると、会場にどよめきが起きた。200メートルからの1周は全体トップの26秒88。先に滑って五輪新を塗り替えたヨリン・テルモルス(オランダ)より0秒11速く、低地のリンクで自己最速のラップタイムだ。

 「体は動いていた」と好感触をつかんだ。500メートルのレースでスタートダッシュは他の追随を許さない域にあり、中盤の伸びが加われば頂点はさらに近づく。

次ページただ女子500メートルの同国代表は…

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ