松山が棄権…左手親指重傷か「一生ゴルフができなくなる怖さがある」 米男子

 フェニックス・オープン第2日(2日、米アリゾナ州スコッツデール、TPCスコッツデール=7266ヤード、パー71)世界ランキング5位の松山英樹(25)=LEXUS=は左手親指付け根付近の痛みのため、第2ラウンドのスタート前に棄権。大会3連覇はならなかった。初日は首位に5打差の29位につけたが、プレー途中に痛みを訴えていた。状況次第では3月中旬の大会まで欠場する可能性があり、4月の海外メジャー「マスターズ」への影響も不安視される。

 松山の表情が晴れることはなかった。前日に発症した左手の親指付け根付近の痛みが引かず、この日のスタート前に棄権を申し出た。

 「いろいろな治療をしてもらったが、今回は治らなかった。3連覇が懸かっていたが、それ以上に痛みが勝った」

 午前10時半にコース入り。練習グリーンでパッティングを調整する、いつものルーティンで一日が始まった。進藤大典キャディー(37)らと談笑する場面もあったが、練習場でショットの練習を始めると痛みが走る。飯田光輝トレーナー(40)に胸部や腕のマッサージなどを施されたが、治らなかった。

 「何球か打ったけど、もうスイングができないのでやめた。無理すると一生ゴルフができなくなるんじゃないかという怖さがある」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ