3連覇目指した松山英樹が棄権 左手親指付け根に痛み フェニックスOP第2日

 米男子ゴルフのフェニックス・オープンで3連覇を目指していた松山英樹は2日、左手親指付け根の付近の痛みのため、アリゾナ州スコッツデールのTPCスコッツデール(パー71)で行われた第2ラウンドのスタート前に棄権した。初日は69で回って首位と5打差の29位だった。

 第1ラウンドの最中から左手の痛みを訴えており、2日に練習した際にも痛みが引かず、棄権を決めた。松山は「初めての痛みでスイングができないほど。3連覇がかかっていたから残念です」と悔しい表情で語った。今後の予定は決まっていない。

 ともに2日連続の66をマークしたリッキー・ファウラーとブライソン・デシャンボー(ともに米国)が通算10アンダーでトップを守った。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ