上原浩治が今年も被災地の野球少年と交流 東京五輪は「本音は出たいけど、体が持たない」

 米大リーグ、カブスからフリーエージェント(FA)になった上原浩治が20日、福島市内で約300人の小中学生らが招かれた野球教室に参加。オフの恒例になった被災地の野球少年らとの交流は6回目で、「どんどんみんなが明るくなっている。子供たちのいい笑顔を見れた」と復興への歩みも実感していた。

 今回は巨人時代の同僚で福島県出身の鈴木尚広さんと登場。2020年東京五輪で野球・ソフトボールが行われる福島県営あづま球場近くの体育館での開催とあり、アテネ五輪代表で銅メダルを獲得した右腕はトークショーで「五輪で日の丸を背負った経験は財産になった」と振り返った。

 東京五輪への意欲を問われると、「本音は出たいけど、体が持たない」と苦笑。「開催するからには、成功してほしい」とエールを送った。

 メジャー10年目となる新シーズンの契約については「何個か(話は)あるが、契約には至っていない」と明かした。当面は東京都内で自主トレを続ける。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ