日本ハムD1・清宮、サード初ノック!“ホットコーナー”でレギュラー奪取狙う

 日本ハムの新人合同自主トレーニングは12日、千葉・鎌ケ谷市の球団施設で第2クール初日を迎えた。ドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18)=早実高=が初めて屋外でのノックに臨み、三塁守備に本格挑戦する考えを表明。高校時代は一塁を任されていたが、栗山英樹監督(56)の意向もあり、“ホットコーナー”でレギュラー奪取を狙う。また、大阪府内の施設で自主トレを公開した中田翔内野手(28)は、清宮を4番に“推薦”するなど期待を寄せた。

 気温5度の寒空の下、元気な声が鎌ケ谷スタジアムに響いた。「さあ、来い!」「よっし!!」。新人合同自主トレで初めて屋外でのノックに臨んだ清宮が、三塁挑戦への強い決意を示した。

 「(三塁は)すごく大事なポジション。ミスを恐れてはいけないですけど、大事なポジションであることには変わりはない。任されたからには、全力でやっていかないといけないと思います」

 使い慣れたファーストミットではなく、米ローリングス社に製作してもらった三塁手用のグラブをはめてグラウンドに向かうと、福島チーフトレーナーのノックを軽快にさばいた。他の新人6選手と交代しながら、約15分間でエラーはわずか1度。無料開放された内野スタンドからファンが見守る中、軽やかなランニングスローも披露した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ