阪神、はや動いた!星野さん追悼試合へ中日、楽天と協議開始

 阪神が、4日に膵臓(すいぞう)がんで死去した元阪神監督で楽天・星野仙一球団副会長(享年70)の追悼試合開催に向けて、星野氏が在籍した中日、楽天との話し合いを開始したことが7日、明らかになった。闘将がこよなく愛した甲子園での開催を軸に、日程や内容について協議を進めていく方針だ。

 衝撃の訃報から3日。今も信じられないファンは多い。星野氏の雄姿がもう見られないなんて…。そんな思いが、ひとつの動きを加速する。追悼試合-。誰もが願う別れの舞台の開催に向けて、早くも動き始めていることが分かった。

 星野氏が2002年から2年間、さい配を振るい、03年にはリーグ優勝を果たした阪神も思いは一緒。同じく闘将がユニホームに袖を通して戦った中日、楽天両球団と連絡を取り、開催に向けて具体的な協議に入った。阪神の球団首脳はこの日、「これから話を進めていくことになるでしょう。もちろん、最後は楽天球団で終わられたわけで、楽天さんと話し合わなければいけないと思っていますが」と話した。

 闘将が生涯で唯一の日本一に輝いたのは2013年の楽天。最後も楽天の球団副会長を務めていた。それだけに主導権は楽天にあり、追悼試合も仙台での開催が有力。とはいえ阪神としてもチームを大改革し、2003年に18年ぶりのリーグ制覇に導いてくれた功労者。故人がこよなく愛した甲子園での開催を視野に入れている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ