“神風”生かして5得点の快勝、上田西が長野県勢41大会ぶりの8強入り 高校サッカー

 風に乗った。前半40分のFK。ゴールまで約40メートルの位置から上田西の丸山が左足で狙ったシュートは勢いよく伸び、相手GKの頭上を越えてゴールに吸い込まれた。時折風速8メートル超の突風が吹いていた。「追い風なので狙った。蹴った瞬間、入ると思った」と、丸山はしてやったりだった。

 チームとして風を生かした。風上の前半10分過ぎに早くもロングスローが得意な田嶌を投入。センターライン付近からでも相手ゴール前へ投げ込み好機を作り出した。風に対応しきれなかった帝京大可児の攻撃陣とは対照的に後半は堅守速攻からゴールを量産。白尾監督は「風があったから勝てた」とほほを緩めた。

 8強入りは長野県勢で41大会ぶり。次戦は県勢初のベスト4がかかる。「戦い方は変わらない。みんなで攻守に走り負けないこと」と大久保主将。旋風は止まらない。(小川寛太)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ