原監督、5連覇に自信 練習達成率を可視化「勝つための方程式が確立」 箱根駅伝

 史上6校目となる4連覇を成し遂げた青学大。次回以降、日体大の5連覇(1969~1973年)、そして中大の最長記録6連覇(1959~1964年)に挑むことになる。原監督は「東洋大と、うちの2強になるのでは。5連覇は達成可能でしょう」と、早くも自信を示した。

 青学大は田村と下田の“二枚看板”こそ卒業するものの、優勝メンバーのうち7人が残る。2区で区間賞を獲得した森田、山下り6区のスペシャリストである小野田らが最上級生としてチームの主軸になる。今大会では2年生の竹石が5区を区間5位でまとめた。山の特殊区間に経験者がいることは強みだ。

 青学大は今季、新たな取り組みを始めた。原監督の発案で10人のマネジャーが中心となり、箱根駅伝を制した過去3シーズンの練習データを精査。練習メニューの達成率や試合のタイム、走行距離などを洗い出し、強化の指針とした。

 数値は寮に張り出し、優勝メンバーはどの時期に、どのくらい走れていたのか、それに対して自分たちはどの水準か-を可視化した。今季は例年に比べて戦力的に劣るとみられていたが、吉永主将は「昨シーズンと同程度の練習ができていたし、直前合宿の内容はむしろ良かった。自信を持てた」と語る。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ