低迷 石川遼 輝きを取り戻せるか 2018年シーズンは国内で

 【スポーツ異聞】

 男子ゴルフの石川遼(26)にとって、2017年は激動の年だった。

 13年から本格参戦している米ツアーはポイントランキング175位でシード圏内125位以内を逃し、下部ツアーとの入れ替え戦でも賞金ランク31位で米ツアー出場権を得られる25位に入れないどん底ぶり。失意のうちに帰国して出場した国内ツアーでも日本オープン選手権から5戦連続予選落ち。史上最年少の18歳で賞金王に輝いた最盛期がうそのような体たらくぶりだ。

 原因はスイングの改造にある。スイング軌道が安定しないためにドライバーショットが左右にばらけ、スコアメークに支障をきたしている。実際、出場20試合で予選落ち12試合を数えた米ツアーの部門別データでは、フェアウエーキープ率は51.92%で183位、ショットの正確性を示すパーオン率は63.29%の152位。如実に不振ぶりが表れている。

 この状態で国内に戻っても、以前のように優勝争いに加われるわけではなかった。予選落ちした5戦の部門別データを見ると、パーオン率は50~55%。フェアウエーキープ率に至っては32%、39%と低レベルの数値が並んでいた。

 米ツアーで優勝争いに加わり、世界ランキング5位の松山英樹(25)にはっきりと実力差を突き付けられた格好だ。復調のきっかけをつかむために、石川が選択したのは、18年シーズンは国内ツアーに軸足を置き、すっかり狂ってしまったスイングの復調を期すというものだった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ