大谷翔平 ベーブ・ルースになれない!? 課題克服できなければ

 打者としても16年シーズンに自己最多の22本塁打を放った大谷だが、日本ハムでは厳しい内角攻めにあうことはあまりなかった。大リーグではこれに対処できるかどうかも、「二刀流」の成功の鍵を握ることになりそうだ。

 また、ツーシーム、カットボールといった速球系の変化球については、大リーグの投手の場合は日本のプロ野球以上に投げ込んでくるのも事実。打者としてもより高度な技術が求められる。

 「野球選手としてまず一番に必要になってくるのは、野球の技術」

 米国での記者会見で大谷は、そう語気を強めて語っている。新天地・エンゼルスでは、投打ともにさらなるレベルアップが求められる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ