出羽海一門が恒例の連合稽古

 大相撲初場所(14日初日、両国国技館)を前に出羽海一門による新年恒例の連合稽古が3日、東京都墨田区の出羽海部屋で行われ、大関豪栄道や関脇御嶽海ら一門の関取衆が10人以上集まり、申し合いを繰り広げた。

 一門で番付最上位の豪栄道は御嶽海と三番稽古で13番取って10勝と圧倒。稽古後、今年の目標を問われると「優勝を目指してやる」と語り、角界が元横綱日馬富士による暴行事件で揺れていることについては「現役なのでいい相撲を取って喜んでもらうことしかできない」と述べた。

 昨年は1年間全6場所で勝ち越した御嶽海は、関取衆で最多の21番取るなど精力的だった。伸び盛りの25歳は「この地位で新年を迎えられたので、その先も考えないといけない」と大関昇進へ意欲を示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ