青学大、史上6校目の総合4連覇!山下り6区で東洋大逆転 「ハーモニー大作戦」完結 箱根駅伝

 第94回東京箱根間往復大学駅伝競走復路(3日、神奈川・箱根町芦ノ湖駐車場-東京・大手町109・6キロ)関東の20校とオープン参加の関東学生連合を加えた21チームが参加して行われ、青学大が10時間57分39秒で史上6校目の総合4連覇を飾った。往路優勝の東洋大から36秒差でスタート。3年連続で山下りの6区(20・8キロ)を任された小野田勇次(3年)が15キロ過ぎで逆転し首位に浮上すると、その後は一度もトップを譲ることなく、独走状態で大手町のフィニッシュテープを切った。(タイムは速報値)

 「ハーモニー大作戦」が完結した。原晋監督(50)が逆転優勝のキーマンに挙げていた山下りのスペシャリスト、小野田が期待通りの快走をやってのけた。スタート時の36秒差はみるみるうちになくなり、15キロ過ぎで東洋大・今西駿介(2年)をあっさりと追い抜いた。その後は52秒のリードを築いて、7区(21・3キロ)の林奎介(3年)にたすきをつないだ。「いままでで一番ダメージがある。立っているのがつらい」と振り返った激走は、後続の仲間たちの闘争本能に火をつけた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ