国学院大、5秒届かず10区目前で無念繰り上げスタート 箱根駅伝

 第94回東京箱根間往復大学駅伝・復路(3日、神奈川・箱根町芦ノ湖駐車場-東京・大手町=109・6キロ)最終走者へたすきをつなげることはできなかった。鶴見中継所では、国学院大9区の熊耳智貴(4年)がわずか5秒及ばず、無念の繰り上げ一斉スタートとなった。

 フォームが崩れながらも懸命の走りを見せた熊耳だったが、10区の江島崚太(3年)まであと数十メートルのところで繰り上げスタートのピストルが鳴った。沿道の観客からは悲鳴が上がり、走り終えた熊耳はその場に崩れ落ちた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ