『奮輝』せよ!巨人・由伸監督、6年ぶり日本一奪回へ大号令

 巨人は31日、2018年のスローガンが「奮輝~GIANTS PRIDE 2018~」に決まったと発表した。昨季は11年ぶりのBクラスとなる4位。巻き返しを図るべく、オフに前中日のアレックス・ゲレーロ外野手(31)、前西武の野上亮磨投手(30)を獲得した。3年契約最終年を迎える高橋由伸監督(42)の下、6年ぶりの日本一を目指す。

 伝統球団のプライドをかけた1年が始まる。2016年に『一新』、17年は『新化』を掲げた高橋監督がスローガンに選んだのは、『奮輝』の二文字だった。

 「気持ちを奮い立たせ、勇気を持って戦い抜いた先に、わが巨人軍が光り輝く栄光が待っています。6年ぶりの日本一奪回に向け、チームが一丸となって奮起します」

 陽岱鋼や山口俊ら総額30億円の大補強を敢行した昨季は、5月下旬から球団ワースト記録の13連敗を喫するなど11年ぶりのBクラスとなる4位に低迷。導入11年目にして初めてクライマックスシリーズ(CS)進出を逃した。世代交代の遅れなど、球団が抱える数年来の課題があらわれた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ