日ハムのドラ1・清宮幸太郎は一塁、左翼、それとも捕手? 注目される“栗山マジック”

 【プロ野球通信】

 大谷翔平選手(23)の大リーグ・エンゼルスへの移籍が決まるなど、オフに入り選手の流失が相次いだ日本ハム。チームの次代の主力選手として期待されるのが、ドラフト1位で入団が決まった清宮幸太郎内野手(18、東京・早稲田実高)だ。高校通算111本塁打の数字が示す通り、将来はスラッガーとして嘱望されている18歳だが、プロの世界で問題となるのが守備位置。現状では一塁での起用、もしくは指名打者での出場が有力視されるが、どのような形で起用されるのか、栗山英樹監督(56)の「サプライズ采配」にも注目が集まる。

 大谷のエンゼルス入団が決まった日本ハムだが、オフに入りフリーエージェント(FA)権を行使していた増井浩俊投手(33)がオリックス、大野奨太捕手(30)は中日への移籍がそれぞれ決まった。大谷ら主力3選手の退団はチームにとって大きな痛手だが、チームの新陳代謝を促すために、2018年シーズンは若手選手の積極的な起用が見込まれる。ドラフト1位で指名した清宮に対し、1年目から周囲の期待が高まるのも自然の流れだろう。

 早稲田実では主に一塁を守った清宮だが、日本ハムでは大きな“壁”が立ちはだかる。日本ハムで一塁を守る中田翔内野手(28)は入団以来、主砲としてチームを支えてきた。2017年シーズンは打率.216、16本塁打と不振を極めたが、巻き返しへ意欲を燃やしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ