Neo二刀流は大阪桐蔭・根尾!日本ハムが大谷の後継としてリストアップ

 日本ハムが来年のドラフト候補として大阪桐蔭高・根尾昂(あきら)内野手(2年)をリストアップすることが29日、分かった。米大リーグ、エンゼルスに移籍する大谷翔平投手(23)に続く新・二刀流選手に熱視線が送られる。

 4番打者で投手、遊撃、外野をこなす逸材を、球団幹部は「打撃もいい、投手としてもいい、フィールディングもいい。うちとしては全ての可能性を考えていきたい」と評価。11月の明治神宮大会から木田GM補佐らが視察を始めている。

 根尾は飛騨高山ボーイズ時代から最速146キロを計測するなど“スーパー中学生”として注目を集め、高校でも1年夏からベンチ入り。中2の冬にはスキーのアルペン競技、スラロームで全国大会に優勝し、世界大会にも出場と豊かな才能を示している。

 「野性味あふれるし、打撃は魅力的。もちろん、見ていきます」と大渕スカウト部長。ダルビッシュ、中田、大谷、清宮に続く高卒スター候補は、1月8日のスカウト会議でリストアップされる予定だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ