巨人・小林、広島D1・中村にエール「心強い先輩がたくさんいる」

 巨人・小林誠司捕手(28)が29日、広島・広陵高で同高OBによる野球教室に参加した。

 2014年に広島土砂災害の復興支援をきっかけに始まったこのイベントをオフの楽しみとしている小林は、プロ野球に所属する同高OBの14人(選手、コーチ)とともに地元の小学生240人とふれあった。広島のドラフト1位・中村奨成捕手(18)と2人で談笑する場面も多く、気持ちをリフレッシュさせたようで、「広陵の先輩や後輩といろんな話ができた。いい気持ちになりましたし、また来年も頑張ろうという気持ちになった」と振り返った。

 自身にあこがれ、広島で同じ背番号「22」を着ける中村には「カープには心強い先輩がたくさんいる。いろんな不安もあるとは思うけど、そういう先輩を頼ってやってほしい。僕も負けないように頑張らないといけない」とエールを送った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ