メジャー、監督の若返り進むワケ 「単なる中間管理職」に変化、大谷の二刀流にも影響か

 2018年、メジャーリーグは40代前半でイチロー外野手(44)と同い年か若い監督が7人も現場で指揮を執る。メジャーのフロントが描く「監督像」が「現場の最高責任者」から「単なる中間管理職」へと激変してきたことと関係がありそうだ。

 かつてメジャーの監督になるには数年間マイナーで指揮を執り、メジャーのコーチを経るのが普通だった。

 ところがレッドソックスの監督になったアレックス・コーラ(42)は今季世界一になったアストロズのベンチコーチからの昇格だが、引退後は主にESPNで解説。コーチ経験はわずかに1年だった。ヤンキースの指揮を執るアーロン・ブーン(44)に至っては、引退後コーチ経験さえない。

 なぜこんなことになったのか。

 たとえばレッズ、タイガースを指揮したスパーキー・アンダーソンは監督室で葉巻をくゆらし、選手には近寄りがたい雰囲気があり、現場のすべてを支配した。

 ところが、近年、野球を科学するセイバーメトリクスに精通したGMたちは、あらゆるデータをアナリストに分析させ、戦術、先発を決めて現場の監督に通達するようになった。監督の仕事はこれらフロントの意向を選手に伝え、気持ちよくプレーさせることに変わってきたというのだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ