紀平、フリーで真央さんと同じ2度の3回転半に成功

 フィギュアスケート・全日本選手権第3日(23日、武蔵野の森総合スポーツプラザ)平昌五輪代表最終選考会を兼ねて行われ、代表2枠の女子フリーは年齢制限で平昌五輪に出られない、ショートプログラム(SP)5位の紀平梨花(15)=関大KFSC=は合計208・03点だった。

 国際スケート連盟(ISU)の年齢制限で平昌五輪に出場できないが、五輪代表候補と渡り合う演技だった。紀平は冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)-3回転トーループの連続ジャンプ、続く単発の3回転半と大技2発に成功。いずれもGOE(出来栄え点)で加点を引き出す完璧な内容だった。浅田真央さんが2010年バンクーバー五輪で五輪史上初めて成功した2度のトリプルアクセルを組み込む、極めて高難度な構成をやってのけた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ