サッカー韓国代表 やっと日本に勝って評価一変は安易すぎないか W杯の相手は世界1位

【スポーツ異聞】

 「韓国サッカーの歴史に残る大勝だった」-。韓国メディアのノーカットニュースは、12月16日に東京・味の素スタジアムで行われたサッカーの東アジアE-1選手権決勝で、韓国代表が日本代表に4-1で逆転勝ちしたことをこう報じた。日本が国内で韓国に4点差以上で負けたのは実に63年ぶり。だからといって、この一戦を通して、結果を出せず酷評されていた申台龍(シン・テヨン)監督(47)の評価が一変し、来年6月に開幕するワールドカップ(W杯)ロシア大会に向けて「自信を得たのが最も大きな収穫」(中央日報)と小躍りするのは早計ではないか。韓国がW杯で相手にするのは世界のトップなのだから。

 78度目の対戦となった一戦。これまで韓国は日本に対し40勝23分け14敗と勝ち越していた。だが、最近は政治・外交問題で関係が緊迫化したのを受けて、試合が組まれる機会が減り、ここ6年で親善試合が組まれたのは1試合のみ。ただ東アジア・カップなどの国際大会を含めると4試合が行われ、日本が2勝2分けと韓国を跳ね返してきた。そのため韓国が日本に勝利したのは2010年5月24日(2-0)以来で2764日ぶりだった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ