Cロナ「生涯レアル」弾で大会初2連覇!南米グレミオを圧倒/クラブW杯

 サッカー・クラブW杯最終日(16日、アブダビ)Cロナ決勝弾!! 欧州王者のレアル・マドリード(スペイン)が南米代表のグレミオ(ブラジル)を1-0で破り、大会初の2連覇でバルセロナ(スペイン)に並び最多となる3度目の優勝を果たした。Rマドリードは後半8分にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(32)がFKで決勝ゴール。ロナウドは試合後、「生涯レアル」を宣言した。チームは優勝賞金500万ドル(約5億7000万円)を獲得した。

 針の穴を通すような正確無比なFKだった。後半8分。FWロナウドが自らが倒されてつかんだ直接FKで右足を一閃。ボールはグレミオの4選手が作る壁のど真ん中、わずか数十センチの隙間を射貫き、ゴール左隅に吸い込まれた。

 「トロフィーが何よりも好きだから、勝ち続けるためにプレーしている」

 これが決勝点でチームは大会初の2連覇を達成。昨年の鹿島との決勝でもハットトリックを決めた千両役者は大会通算最多ゴール記録を7に伸ばし、チームメートから手荒い祝福を受けた。

 試合は序盤から激しいぶつかり合いになった。開始直後、ロナウドが右ふくらはぎにスパイクの跡が残るほどの激しいタックルを受けて倒された。それでも「自分の仕事はプレーで人々を喜ばせること」と立ち上がり、攻撃を引っ張った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ