【魅惑アスリート】人気不振の平昌だけど、こんな金メダル候補の美女が出場するなら…ミカエラ・シフリン22歳

 来年2月に開催される平昌五輪で、チケット販売が種目によって売れ行きにバラツキがあるという。韓国の得意種目であるスピードスケートや人気種目のフィギュアスケートなどでは順調に売れているそうだが、関心の低いスキー系は滞るというバラツキ現象が生じているというのだ。

 ただ、ちょっと視点を変えてみれば、チケットの販売不振はさっと晴れるのではないか。というのも、2016~17年シーズンのアルペンスキーワールドカップ(W杯)で女子の総合優勝を果たしたのが22歳の“絶世の美女”では何が何でも見てみたくなるのが“人情”ではないか。

 この美女は、2014年ソチ五輪の女子回転(スラローム)で金メダルを獲得するなど“回転の絶対女王”と称されるミカエラ・シフリン(米国)だ。両親によって2歳でスキーを始めたシフリンは、年齢資格ぎりぎりの15歳で出場した大会でいきなり優勝。その1カ月後に開催された世界ジュニア選手権に胃腸炎を患いながら、回転で3位に入る地力の高さを垣間見せた。

 非凡な才能を示す彼女は16歳でW杯にデビュー。翌シーズンの2012~13年には回転で1位、総合で5位に入ってみせた。海外メディアには彼女のことを“天才”と評したほどだ。昨季はW杯で11勝を挙げ、自身初の総合優勝のタイトルを手にした。米国勢としてはリンゼイ・ボンらに続き、史上5人目の総合優勝者となった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ