来季45歳のイチロー 「50歳まで現役」叶えるため、辣腕代理人が必死

【大リーグ通信】

 米大リーグ、マーリンズから2018年の契約を放棄され、フリーエージェント(FA)となったイチロー外野手(44)。「50歳まで現役」という願いを叶えるために、まず45歳のシーズンをプレーする球団をと、辣腕で知られる代理人のジョン・ボッグス氏が懸命な売り込み作戦を展開している。

 サンフランシスコ・クロニクル紙はイチロー側が行っている積極的なセールスの一端を報じた。アスレチックスが今オフ、獲得に照準を合わせている選手に、マーリンズのクリスチャン・イエリッチ(25)、マーセル・オズナ(27)を挙げて精力的に動いているとしたが、同じチームでプレーしていたイチローの名も挙げて、ストーブリーグの現実を明らかにした。

 「スズキ・イチローの代理人、ジョン・ボッグス氏がオークランド(アスレチックス)と接触を試みていたようだ。短い会話を交わしたというのだ。イチローとボブ・メルビン監督(56)が長期で密接な関係に基づいての動きと思われる」

 メルビン監督が2003年から2年間、マリナーズを指揮した。イチローが海を渡って3年目と4年目。メジャーの水にも慣れ、安定した成績を収めていた時期だ。イチローはメルビン監督を尊敬し、メルビン監督はイチローを信頼していた。

 過去のつながりに望みを懸けたわけだが、結果は失敗に終わった。同紙によると、「44歳の殿堂入り選手はオークランドにはふさわしくなかったらしい。契約に興味がないということだった」という。辣腕代理人のボッグス氏の手腕をもってしても功を奏しなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ