「沙知代は世界にひとり」 最期までかばい続けた野村克也

最期まで妻をかばい続けたノムさん

最期まで妻をかばい続けたノムさん

 元プロ野球選手で、ヤクルトや楽天の監督も努めた野村克也さん(82才)の妻である“サッチー”こと野村沙知代さんが12月8日に虚血性心不全で亡くなった。85才だった。

 克也さんと沙知代さんの出会いは1970年。沙知代さん38才、克也さんが35才の時だ。沙知代さんは輸入代理業を営む会社の経営者で、日米を往復するバリバリのキャリアウーマン。アメリカに夫と2人の子供(団野村氏、ケニー野村氏)がいた。一方、克也さんは妻と離婚訴訟の真っ最中だった。

 極貧の幼少期を送った克也さんはテスト生として「南海ホークス(本拠地・大阪)」に入団し、叩き上げで戦後初の三冠王になった大選手。出会った時は南海の選手兼監督だった。

 今でいうところの「ダブル不倫」だった。克也さんの離婚が成立する前の1973年には克則が誕生した。

 「1977年、ふたりの関係が大スキャンダルになりました。沙知代さんや息子たちが我が物顔で球場に出入りし、“愛人が打順にまで口を出す”などと報じられ、克也さんは南海の監督を解任されてしまいました」(スポーツ紙デスク)

 その時、後援会幹部に「野球をとるか女をとるか」と迫られた克也さんは、迷わずこう答えたという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ