阪神・能見、1000万円減の1億2000万円で更改

 阪神・能見篤史投手(38)が8日、西宮市内の球団事務所で契約を更改し、1000万円ダウンの1億2000万円でサインした。

 今季は1年間、ローテを守ったが、6勝6敗、防御率3・72と勝ち星は伸び悩んだ。

 「(自身の)勝ち星というよりも、チームの勝利をもっと伸ばせたのかな」と唇をかんだ。

 若手の台頭に対しては「若い力は伸びしろしかない。こっちも譲る気もない」と気合を入れ、13年ぶりとなるリーグ優勝に向けて「結束して向かっていかないと」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ