イチローはクビ。マー君残留、ダルビッシュは… 日本メジャーリーガーに辛いオフ到来

 【大リーグ通信】

イチローはマーリンズ残留ではなかった。元盟友のCEOに、ビジネスライクに「クビ」を切られた。今後の去就は…

イチローはマーリンズ残留ではなかった。元盟友のCEOに、ビジネスライクに「クビ」を切られた。今後の去就は…

 2017年シーズンが終わり、来季の契約問題が話題の大リーグ。日本選手にとって厳しいオフを迎えようとしている。

 まずはマーリンズを戦力外、つまりクビになったイチロー。球団側に18年シーズンの契約について選択権があった。新しいオーナーの一員で、最高経営責任者(CEO)に就任したヤンキース時代の盟友、デレク・ジーター氏との関係から、一時は「契約延長するのではないか」(サンセンチネル紙)という声が、現地フロリダ州マイアミのメディアの間であったが、「ビジネスに徹したようだ」(マイアミ・ヘラルド紙)。

 野手最年長の第4の外野手として、43歳だった今季は136試合に出場して打率.255。代打での安打は記録の28本に1本届かない27本と勝負強さを発揮した。

 だが、新オーナー陣が年俸総額を9000万ドル(約102億円)に抑える方針を発表したことから雲行きが変わった。「44歳を迎える来季に200万ドル(約2億2800万円)を支払うには高すぎる」(サンセンチネル紙)と判断したのが実際らしい。

次ページメジャー屈指を誇る外野陣も年俸削減のあおりを受け…

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ