阪神・大山、二塁転向のカギは首脳陣と本人の「根気」 手厳しい平田チーフ「10点満点で4、5点」

 阪神・大山悠輔内野手(22)が高知・安芸での秋季キャンプで二塁転向へ奮闘中だ。

 5日には今キャンプ初の紅白戦で「4番・二塁」で先発。得意のバットでは3回2死二、三塁で、高めの速球を先制左前2点適時打。金本監督は「うちで一番、真っすぐに強い。頼もしいですよ」と目を細めた。

 一方で、守備は無難にこなし、連日ユニホームを泥だらけにしながら特守を受けた成果が出始めている。平田勝男チーフ兼守備走塁コーチ(58)は「今キャンプ中に何とか(二塁手として)モノにしてほしいし、僕らもそうしたい」とうなずく。

 大学時代は三塁を守ることが多かったが、「何より強肩なのは内野手としてプラス」と評し、「真面目で貪欲。今年は1軍で少し活躍できたけど、それで有頂天にもなっていない」。

 この日は二塁挑戦後、実戦で初めて守ったが「ボールを捕ることはできているが、ポジショニングなどはまだまだ久慈(内野守備走塁コーチ)の指示を仰いでやっているところ。(三塁の時と)動きも違うし、カバーにも入る。覚えることはたくさんあるが、吸収は早いね」と話す。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ