工藤ソフトが空中分解危機 日本一翌日に3コーチ退団発表で強まる“独裁色”

 【江尻良文の快説・怪説】

 2年ぶりの日本一奪回に成功したソフトバンクが早速、空中分解危機だ。日本シリーズを4勝2敗で制し歓喜の胴上げから一夜明けた5日、球団は佐藤義則1軍投手コーチ(63)、鳥越裕介1軍内野守備コーチ(46)、清水将海1軍バッテリーコーチ(42)が今季限りで退団すると発表した。

 佐藤コーチは楽天に4年ぶりに復帰。鳥越、清水両コーチは井口資仁新監督(42)のロッテに移籍する。3年間で2度のリーグ優勝、日本一を果たした工藤公康監督(54)の“独裁色”が強まりそうだが、危険と背中合わせだ。

 今年のリーグ優勝と日本一を、王貞治球団会長は高く評価している。リーグ優勝の際には、今季就任した達川光男ヘッドコーチと工藤監督のコンビを、「厳しい指導の工藤監督と選手のクッション役を、達川ヘッドがうまく務めた」と称賛している。

 そもそも、「現場の監督がやりたいようにやればいい。われわれは口出しせず、全面的にサポートする」というのが王会長の不変の姿勢だ。

 日本ハムに大逆転優勝を許した昨オフ、達川ヘッドの“入閣”を目玉に1、2、3軍コーチ陣の大シャッフル人事を敢行したのも「われわれは口出しなんかしません。工藤監督が考え断行したこと」と明言している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ