台湾野球でまた八百長疑惑 日本でも活躍した人気外国人投手に裏の顔、現地メディア「常習犯というウワサ」

 近年は鳴りを潜めていた、台湾プロ野球の八百長問題が再燃しそうだ。台湾誌「壹週刊」電子版は8日、「台湾野球で裏稼業 外国人投手に賭博関与疑惑」という衝撃的な記事を投下した。

 記事では「2009年に八百長事件が炸裂後、台湾の野球選手には厳格な防止策が講じられているが、外国人選手は簡単に接触できる。特に先発投手が暴力団の標的となった」と背景を説明。

 過去に野球賭博で球界を追放された男が仲介役を務め、台湾中南部の暴力団と結託。1試合4万米ドル(約455万円)の報酬で外国人投手に八百長をさせたとしている。

 当地では若手選手の年俸に相当する高額だ。野球賭博の規模の大きさがうかがえる。報酬は選手本人でなく親族の口座に振り込まれ、フェイスブックでも連絡を取り合っているという。こうした“不良助っ人”は母国で旧知の選手にも裏稼業を吹聴し、八百長要員として台湾球界に連れて来るというから根が深い。

 その一例として「日本のプロ野球でも活躍した投手」が挙げられている。台湾では前出の仲介役と温泉で豪華な食事をともにする仲だという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ