メジャー挑戦表明(3)大谷、栗山監督でなければ「ファイターズにお世話になっていなかった」

 日本ハム・大谷翔平投手(23)が11日、東京都内で会見し、ポスティングシステムを利用した米大リーグ挑戦を表明した。以下は一問一答。

 --北海道への思いは

 「いろいろあって入団したけど、初めて空港に降りたその時から温かく迎え入れていただいた。本当に温かく球場でも応援してもらえて、どこであっても声を掛けてくれるファンの方々だと思っているので、本当にいい方々に支えられてきた」

 --将来、ピッチャーと野手でワールドチャンピオンになりたいのか

 「世界一の選手を目指して行く上で通るべき場所。野球をやっていく最終目標でもある。そこはぜひ経験してみたい」

 --この5年間で残せたものは

 「いまも分からない部分がありますが、昨日球団の方と話した中で『感謝しております』と伝えさせていただき、『こちらこそありがとう』という言葉をいただいて、本当にありがたいと思った」

 --ファンの応援歌で「夢の向こう側へ」という歌詞がある

 「入団したときから夢があるというのはファンの方々もおそらく知っていたと思う。その中でも応援していただいたというのは本当にありがたい。北海道のファンの方々だけでなく、どこの球場にいってもチーム関係なく、他のファンからも『応援しているよ』と声を掛けていただいて本当にうれしかった。その人たちのためにももっともっといいプレーを見せれるようにがんばっていきたい」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ