あれ?稀勢、わずか…7番稽古 田子ノ浦親方「疲労困憊」

 大相撲九州場所(12日初日、福岡国際センター)3場所連続休場からの再起を目指す横綱稀勢の里(31)は7日、福岡・大野城市の田子ノ浦部屋で行われた二所ノ関一門による連合稽古に参加し、出羽海一門から加わった大関豪栄道(31)と7番取って3勝4敗だった。

 鋭く低い立ち合いから左を差して速攻で寄って出た大関の圧力を受け切れず、腰高が目立ち途中4連敗も喫した。7番を取ったあとに自ら土俵を出て引き揚げ、ぶつかり稽古も回避した。

 師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)は、稀勢の里の負傷は否定し「秋巡業から稽古をやってきているし疲れがあるのだろう。疲労困憊(こんぱい)。でも、大丈夫」とした。8日の稽古では相撲を取らない可能性も示唆した。

 稀勢の里は「全然問題はない。最後までやるつもりだったけど、ちょっとこれ以上はね。しっかりいい感じでできていると思う」と話した。

 この日は6年前の九州場所直前に急逝した先代師匠の鳴戸親方(元横綱隆の里)の命日。稽古開始前の午前6時に土俵へ親方、稀勢の里、大関高安ら部屋所属の力士、行司ら全員が集まり黙祷(もくとう)をささげた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ