松山、コース初監修!『太平洋C御殿場C』全面改修で「世界基準」に 国内男子

 男子ゴルフで世界ランキング4位の松山英樹(25)=LEXUS=が、初めてコース監修を手掛けることが7日、分かった。9日開幕の「三井住友VISA太平洋マスターズ」の舞台となる名門・太平洋クラブ御殿場コースの全面改修にあたり、世界の名門コースの現状を肌で知る松山が協力。世界基準へのコース改造に、自らの経験を反映させる。

 米ツアー5勝の松山が、世界基準のコース造りに初参画する。

 「日本のコースセッティングを、世界レベルへ引き上げることができるのかという思いが強くあった。世界基準であると同時に、フェアでチャレンジングなコース造りをテーマにしました」

 目指すは四大メジャーに匹敵するコースだ。同コースの全面改修にあたり、「全米オープン」開催コースなどの改造を手がけた世界的設計家のリース・ジョーンズ氏(76)=米国=が設計を担当。松山は「三井住友VISA太平洋マスターズ」をアマチュア時代の2011年と、昨年の計2度優勝した縁もあって監修を引き受けた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ