ソフトBの3コーチが退団&打倒古巣宣言!佐藤投手コーチは楽天へ

 ソフトバンクは5日、佐藤義則投手コーチ(63)、鳥越裕介内野守備走塁コーチ(46)、清水将海バッテリーコーチ(42)が今季限りで退団することを発表した。佐藤コーチは楽天、鳥越コーチと清水コーチはロッテのコーチに就任する予定で、それぞれ同リーグでの「打倒ホークス」を宣言。日本一から一夜明け、さっそく王者に包囲網が敷かれた。

 胴上げから半日もたたない午前中に、投手王国を支えた佐藤コーチはヤフオクドームを訪れた。球団幹部にあいさつを済ませた後、退団を表明。楽天のコーチに就任することを認めると、さっそく宣戦布告した。

 「ここ(ソフトバンク)はこれからも強くなるけど『勝てるチームをつくれるように頑張る』と(幹部に)言ったよ」

 3年間で2度の日本一に尽力した。東浜、千賀ら若い力が伸びて「それなりに(仕事が)できたかな」と納得。今度は楽天の投手陣の育成について楽しそうに語った。

 その直後だ。荷物整理を終えた清水バッテリーコーチもロッテ移籍を認めた。「最後に日本一になれて最高の気分。すばらしい仲間に出あえた」。選手で2年、コーチでの6年を振り返ると、感慨を押し込めた。

 「自分で決めたこと。寂しいけど、打倒ホークスで頑張ります」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ