張本氏、イチロー獲得に関心示す球団なし!?「自分で交渉しないと。条件面でね」

 野球評論家の張本勲氏(77)が5日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・0)の名物コーナー「週刊・御意見番」に登場。米大リーグ、マーリンズが球団側に選択権があるイチロー外野手(44)との2018年の契約を更新しないと発表したことについて、「(現役を)やるか、やらないか。大きな問題。大選手ですから」と関心を示した。イチローはフリーエージェント(FA)となり今後はマーリンズ、日本を含めた全球団との交渉が可能となる。

 張本氏はイチローの心境について「やる気はあるでしょう」と推測した上で、司会の関口宏(74)から「(問題は)どこが拾ってくれるかということですか」と尋ねられると、「まずないと思いますよ。自分で交渉しないと、条件面でね」と持論を展開した。

 今季は先発出場が22試合にとどまったイチロー。代打のシーズン最多安打記録28まであと1本に迫るなどしたものの、4番手の外野手という位置付けを覆せず出場機会は限られていた。ただ、強肩、俊足という武器は健在で、本人も「50歳まで現役」を公言している。緊縮財政の中、代打の切り札、若手の手本を必要としているチームにとっては魅力的な戦力といえる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ